背中 洗い方

かゆくならない背中の洗い方

お風呂から上がって、しばらくすると背中がかゆい!!

 

実は、背中がかゆくなる原因は、「乾燥するから」なんですね。

 

お風呂に入ったんだから、お肌は潤ってるはず!というイメージがありますが、実際は逆。
背中の垢を完全に洗おうとして、皮脂を全部剥がしちゃうからなんですね。

 

皮脂は肌に水分をキープするためのバリア。背中はもともと皮脂量が少ないので、乾燥しやすいんです。

 

ナイロンタオルでゴシゴシ背中をこするのは、NG。

 

NGな洗い方

 

では、どんなふうに背中を洗えばいいんでしょうか?

 

やわらかいタオルで優しくこすって、汚れを洗い流すのが正しい洗い方です。

 

界面活性剤入りのボディーソープを使うと背中がピリピリする…という敏感肌のかたは、天然成分(オーガニック)のボディソープに変えると良いでしょう。

 

ただし、天然成分の石鹸は泡立ちが良くないものが多いです。

 

当サイト管理人の妻は、ノンエーという泡立ちが良い天然成分の石鹸を愛用しています。

 

ノンエー

 

泡立ちが良い

 

もともと洗顔用なので、肌への優しさはバッチリ。だけどそのぶんコスパが悪いかも。

 

薬用ニキビ専用洗顔石けん「NonA(ノンエー)」 ノンエー

 

肌質により合う・合わないがありますので、相性の良いボディーソープを探してみてください。

手が届かない場所をどう洗う?

ナイロンタオルを両手に持って、背中をゴシゴシ洗うのはNG。

 

ブラシ部分がやわらかい、ボディ洗い用のブラシを使うとよいでしょう。

 

例えば、以下のブラシです。

 

背中洗いブラシ
お風呂 背中 ブラシ [たまちゃんの背中つるつるブラシ]

 

  • 豚毛で柔らかく、背中にやさしい
  • 柄が長く、ブラシヘッドに角度がつけられるので、体が硬くても使いやすい
  • 日本製で安心

 

背中洗いにベストなタオル

100均で売ってる「ナイロンタオル」は、背中の皮脂を根こそぎ取ってしまいます。

 

では、背中を優しく洗うにはどうすれば?

 

天然素材の柔らかいタオルを使いましょう。昔ながらの、手ぬぐいでも良いでしょう。

 

ただし、天然素材の柔らかいものは「泡立ちにくい」「傷むのが早い」という欠点があるんですよね。

 

今は、絹などの天然素材をベースに、さらに別の「ポリ乳酸」という素材を混合したタイプがあります。

 


日本製 天然素材 ボディタオル

 

肌に優しい

天然素材を使っているので、肌に優しいです。特に「絹」がおすすめ!

 

天然素材なのに泡立ち豊か

絹の肌触りはいいけど、泡立ちにくい…。そんな悩みを、「ユニチカテラマック」「ポリ乳酸」という素材を混合することで、モコモコと泡立ち豊かなタオルに仕上げています。

 

10種類の素材から選べます。

おこのみで、硬さや洗い心地が異なる10種類の素材から選べます。

 

新疆綿(しんきょうめん)、和紙、竹、ミルク、オーガニックコットン、絹、麻、ペルーコットン、ケナフ、備長炭と、やわらかい素材から硬い素材まで揃っています。サイズも100cm×22cmと十分な大きさ。

風呂上がりの保湿がポイント

背中に優しいタオルで洗っても、皮脂は落ちて乾燥しやすくなります。

 

痒くなりやすい部分に、ボディローションを塗って保湿しましょう。

 

例えばこちらは、たっぷり入ってお安い、ハトムギ保湿ジェル。

 

ハトムギ保湿ジェル

ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g

 

ボディローションのベストセラーです。安いので、思い切って使えるのが一番のポイント。

 

普通に保湿しても背中がかゆくなる…というあなたは、最終手段。

 

こちらをチェックしてみてください。

 

肌の水分保持能を回復させるという、頼りになるクリームです。

 

アトピスマイル

 

当サイト管理人も愛用しています。

 

page top