ワセリン 使い方

ワセリンの使い方 背中の乾燥防ぐのに使える?

病院で処方される痒み止めと一緒に出される、ワセリン(保湿)。

 

ワセリン

 

値段が安くて、薬局でも買える。
これは嬉しい、超ウレシイ。

 

でも、無条件に使っていいの?

 

ワセリンの使い方や、メリット、デメリットについてまとめてみました。

ワセリンの使い方

ワセリン自体には、保湿成分などは含まれていません。

 

では、何の役に立つかというと「油の膜を張って、水分の蒸発を防ぐ」ためのものなんですね。

 

ラップのような役割をすると考えると良いでしょう。

 

ラップ

 

使い方のイメージはこんな感じ。

 

背中が乾燥でかゆい!

痒み止めを塗る

保湿用のクリームやローションを塗る

ワセリンを塗る

 

痒みは、乾燥すると感じやすくなります。

 

そこで保湿。そして、保湿状態が長持ちするようにワセリンでフタをするんですね。

ワセリンの種類

薬局でワセリン見てみたら、激安なのと、高いやつとがあるんだけど?

 

何がちがうんでしょうか?
実は、ワセリンには、大きく3種類あります。

 

白色ワセリン

日本薬局方の基準に合格したワセリンです。医療用に使われています。

 

とは言っても、実は微量ながらベンゼン等の不純物が残っています。

 

>>>白色ワセリン

 

とにかく激安です。パラベンが微量ながら残っています。基本的には、顔には使えません。

 

プロペト

白色ワセリンと比較して、高度に不純物を取り除いたワセリンです。

 

目に塗る眼軟膏に使われます。眼科専用のワセリンとして使われています。

 

>>>プロペト

 

顔にも使えるワセリンです。

 

サンホワイト

白色ワセリン、プロペトよりさらに不純物を取り除いたワセリン。

 

赤ちゃん用に最適です。

 

 

>>>サンホワイト

赤ちゃんにも使える、高品質なワセリン。同じ量で、白色ワセリンの4〜5倍くらいの値段。

 

敏感肌の方も安心して使えます。顔、体に使えますが、白色ワセリン、プロペトとくらべてお値段高いです。

 

まとめ

肌への刺激によって、ワセリンの種類を変えるとよいでしょう。

 

白色ワセリン、プロペト、サンホワイトは市販されていて、ドラッグストアでも手に入ります。

 

チューブ型とポッド型があります。

 

チューブ型は、雑菌が入り込みにくいので清潔に使える。だけど、量が少なめ。

 

ポッド型は、量が多めだけど、指ですくい取ると雑菌が入って繁殖するので、スパチュラ(専用スプーン)必須。

 

雑菌

 

特にパラベン(防腐剤)が入っていないものは、雑菌に弱いです。

 

指ですくい取って使うと、指先の雑菌が入り込みます。ポッドタイプは、専用スプーン(スパチュラ)を使いましょう。

ワセリンがべとべとする!

ワセリンの最大のデメリットはつけ心地です。

 

油そのものなので、夏場は特にベトベトします。肌着にもくっついて、普通に洗濯したのでは取れません。どうすればいいのでしょうか?

 

ワセリンの量が多すぎる

ワセリンは、少量を手に取って、温めて柔らかくしてから伸ばして使いましょう。

 

量が多すぎると、ベトベトしてきます。

 

ベトベト

 

実は適切なワセリンの量は、思ってるよりも少ないんですよね。

 

肌着にワセリンがくっついて、ベトベト感が取れないよ!という場合は、洗濯前に熱め(50度以上)のお湯に漬け込みましょう。

 

それでもだめなら、ワセリンを取るための洗剤、ワセリンカットというものもあります。

 

軟膏落とし洗剤 ワセリンカットH 500g

新品価格
¥2,980から
(2018/6/30 08:37時点)

 

ただし、このワセリンカットが微妙に値段が高いんですよね。

 

500gで約3,000円です。1回あたり50g使うそうなので、洗濯10回分

 

ざっくり、毎月1箱=3,000円かかる計算です。

 

せっかく安いからワセリンを使っているのに、ワセリンを落とすための洗剤が高いのは納得できない!

べとべとしない保湿クリーム

ワセリンは、使い方次第でベトベトせずに、サラッと使えるという口コミもあります。

 

だけど、当サイト管理人はうまく使えなくて、「こんなベトベトするのはヤダ!」って、そうそうにあきらめてしまったんですよね。

 

私が愛用しているクリームは、サラッとしたつけごこち。

 

肌の水分保持能を改善する、っていう効果で乾燥をふせぐんですね。

 

これ一本で保湿クリーム+ワセリンの代わりになるなら、まあまあのコスパと言えるでしょう。サラッとしてるから特殊洗剤もいらないし。

 

若い頃は、きっと肌の水分保持能っていうのがちゃんと働いてたんだろうなぁ…。しんみり。

 

水分保持能が改善

 

ワセリンのべとべとがウンザリっていうあなたは、チェックしてみてください。

 

こちら、実際に使ってみた記録です。

 

参考)アトピスマイルの情報まとめ

page top